閉じる

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための政府対策の一環として、少なくとも4週間(4月24日まで)、全てのツアーの催行を中止といたします。詳細はこちら>

ウォルター・ピーク・ファームの仲間たち

Date: 3 6月 2019

ウォルター・ピーク高原牧場を訪れずしてクィーンズタウンの旅を終えることはできません。現地で会える生き物をご紹介します。


牧羊犬

牧場では2種類の犬がそれぞれの特性を生かして活躍しています。ボーダーコリーは、最も知能が高く従順なことで知られる犬です。体力、集中力とも非常に優れており、吠えずにアイコンタクトを使って家畜をまとめます。ハンタウェイは逆のタイプで、吠え立てて群れを動かします。起伏の激しい地形で羊飼いの視界から群れが見えなくなっても、ハンタウェイなら音のやりとりで動きをコントロールできます。

ウォルター・ピークでは3種類の羊が飼育されています。メリノ種は羊毛専用の羊です。非常に柔らかい世界でも最高級の羊毛がとれます。ロムニー種はニュージーランド特有の羊で、食肉と羊毛(繊維は粗いが丈夫)の両方が有用です。メリノ種と他の長毛種をかけあわせたコリデールも、食肉・羊毛の両用となっています。

牛、鹿

牧畜は羊だけを扱っているわけではありません。スコットランド原産のハイランド牛は、寒さの厳しい環境に適した丈夫な品種で脂肪分の少ない赤身の肉が特長です。アカシカは狩猟用にオーストラリアから持ち込まれました。牧場で多数飼育される一方、野生化したものも多く、狩猟の対象になっています。

ファーマー

19世紀半ばに入植し農業を営んできた人々。土地とのつながりを重視した緊密なコミュニティを形成し、健康で勤勉なライフスタイルを維持しています。雑食性で、大麦とホップとイーストと水を使った飲み物を好みます。

ウォルター・ピークのガイド付きファームツアーはこちらからご予約ください。


投稿写真用タグ:#RealJourneys