閉じる

We will not be operating any of our experiences for at least the next four weeks (to 24 April), as part of government measures to help stop the spread of COVID-19. More information > 

ミルフォード・サウンドの滝

Date: 1 11月 2018

ニュージーランドで滝の壮大さを体験するなら、ミルフォード・サウンドが一番です。ニュージーランドでも隔絶されたフィヨルドランドの手付かずの大自然は世界有数と絶賛されています。なかでもミルフォード・サウンドの滝の数々は印象的です

雨の日に訪れると、険しい岩山にかかる雲の間から無数の滝が流れ落ちる様子が見られます。その光景はインスタグラムにぴったりです。晴れの日には現れない滝が多いので、ミルフォード・サウンドは雨の日こそ美しいと言われています。まるで別世界のようなミルフォード・サウンドに、きっと魅了されるでしょう。常時流れている滝は2つだけですが、雨の多い地域ですので、もっとたくさんの滝を目にするチャンスは小さくありません。

また、天候が変わりやすいため、訪れるたびに違った表情が楽しめます。雨量の多いときは、晴れると消えてしまうというのが信じられないほど、たくさんの滝が流れます。雪解け水が加わっていつもの滝が勢いを増すこともあれば、強風で滝をさかのぼるように水が巻き上げられることもあります。晴天が続くと、ささやかな流れに変わります。ミルフォード・サウンドの滝の変化は実に見事です。

ミルフォード・サウンドのクルーズに参加して最初に目に入る滝はレディ・ボウエン滝です。2つしかない常時流れている滝で高い方にあたり、落差は162mあります。名前はニュージーランドの第五代提督の妻、レディ・ディアマンティア・ボウエンにちなんで付けられました。水しぶきで煙るような姿は大雨の後迫力を増します。桟橋から近い位置にありますが、直接は見えない角度なので、クルーズが出発してほどなく、滝の音が大きくなってきてその存在を知ることになるでしょう。はるか上方の氷河から流れてきた水も加わるこの滝は、町に水と電力を供給しています。

レディ・ボウエン滝より11m短いステアリング滝は、ミルフォード・サウンドで2番目に高い滝で、フィヨルドをしばらく航行した先にあります。岩壁はまっすぐ海中へと続いており、かなりの水深があるので、船ですぐそばまで近づくことができます。滝を真下から見上げるようにして写真やビデオを撮ることができるので、インスタグラムによくアップされています。映画『ウルヴァリン』にも登場しましたので、見覚えのある方もいらっしゃるでしょう。

ミルフォード・サウンドに降る大量の雨のおかげで、2つかそれ以上の美しい滝の流れが楽しめます。レインコートをお忘れなく。

著者について:リズ

リズ・カールソンは、世界的旅行ブログサイト、Young Adventuress のクリエイターです。アメリカ出身、ワナカの山間部に拠点を置き、常にニュージーランドでアドベンチャーに出かけています。Instagram、濃いコーヒー、そしてカカポの保護に情熱を注いでいます。

投稿写真用タグ:#RealJourneys

Related Products